MENU
カテゴリー

京都パワースポット【京都仙洞御所】四季ごとに訪れたい!京都御苑内の雄大な庭園

2020 7/30
京都パワースポット【京都仙洞御所】四季ごとに訪れたい!京都御苑内の雄大な庭園

 

目次

【ご利益】仙洞御所の火災の守り神

柿本社(かきのもとやしろ)

柿本社

 

京都パワースポット 京都仙洞御所の内部にある、万葉歌人で有名な柿本人麻呂を祀る「柿本社」(かきのもとやしろ)です。

 

「柿本人麻呂ってどんな人だっけ?」という方は、百人一首の「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の~」を思い出してください。

そう!それを歌った人です♪

 

その名前から「人麻呂=火止まろ」「人丸=火止まる」となり、庶民からは防火と安全の神とされたそうです。

今回の京都パワースポット 京都仙洞御所でも火災の守り神として建てられました。

京都仙洞御所はツアー形式となっているため、参拝などはできませんが少し離れたところから見ることができます。

【由緒】大火の後も現代に残る見所

京都大宮御所御車寄

京都大宮御所御車寄

 

京都パワースポット 京都仙洞御所(と大宮御所)は退位した天皇(上皇)のための御所です。

17世紀の初め、後水尾天皇が上皇となられた際に建てられました。

 

嘉永7年の(1854年)の大火で京都御所共に焼失した建物が多いため、現在は庭園が多く広がっています。

見所としては「京都大宮御所御車寄」「御常御殿」「北池・南池」「又新亭」「阿古瀬淵」「紅葉橋」「醍花亭」などがあります。

 

京都パワースポット 京都仙洞御所ツアーで最初に案内される大宮御所御車寄は、現在も天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下が入洛される際に使用されています。

ガイドの方によると、和風の外見に比べ、中は洋風形式でシャンデリアもあるそうです!意外…!

庭園は四季折々で多様な景色が見られるため、季節ごとに訪れるとより満喫できそうですね。

【詳細】清らかな空気と庭園の美しさ

北池

仙洞御所の池

 

京都パワースポット 京都仙洞御所は庭園の木々が美しいです。

仙洞御所内部は限られた人数しか入れませんので、非常に清らかな雰囲気の中で静かに自然を感じることができます。

夏の時期であれば緑が青々として、木々の間は涼しくとても爽やかに過ごせます。

春には桜・秋には紅葉、季節の花なども綺麗だそうです。

 

ツアーで時間制限はあるものの庭園を1周できますので、自然に囲まれて緑や池を眺めるだけでもリラックスできて、心のパワーが回復します♪

【おすすめ情報】李白の詩から名付けられた茶亭「醍花亭」

醍花亭

醍花亭

 

京都パワースポット 京都仙洞御所の庭園で最も南にある茶亭「醍花亭」

南池を一望できるほど景色の良いところに建てられてます。

昔の人は、お茶室で非日常を感じていたといいます。

一度こんな景色が見れるところでお茶を立ててみたいものです^^

 

「醍花亭」の名前は李白の詩から付けられたそうです。

茶室に上がることはできませんが、参加者の多くは頑張って外から撮影をしておられました。

京都パワースポット 京都仙洞御所にはもう1つ茶室が残っており、北池の西側にあるのが又新亭(ゆうしんてい)です。

インスタ映えスポット】南池にある「八ツ橋」と「藤棚」

八ツ橋と藤棚

仙洞御所の八ツ橋と藤棚

 

京都パワースポット 京都仙洞御所の南池にある「八ツ橋」と「藤棚」です。

藤棚に関しては見頃を迎える春の時期が撮影には1番オススメですが、緑の部分も綺麗に生え揃っており、暑い時期には藤棚がちょうど影になって、橋を渡る参加者を強い日差しから守ってくれてありがたいです。

 

この八ツ橋から撮影する周囲の景色もまた美しいので、お好きな構図を探してみてはいかがでしょうか♪

【わたしの体験談】怖くないよ!

木漏れ日があたたかい南庭へと続く道

京都仙洞御所

 

京都パワースポット 京都仙洞御所(大宮御所)は入口を皇宮警察の方が常に警備しているので、入ろうか迷ってる方にはすごく物々しい印象を受けてしまうかもですが、

行き帰りも親切に案内や挨拶してくださりますので、頑なに緊張しなくて大丈夫です(笑)

 

当日は受付を済まし、中の休憩所でツアー開始時間まで待機します。

私が参加した日は、お一人で参加されている方が多かったですね。

暑い日だったので、休憩所の自販機で飲み物を買われている方も多かったです。

 

ツアー形式なのでゆっくり自由に散策とはいきませんが、ガイドさんからパンフレットに載っていない内部のことなどを聞けたりして勉強になりました!

もちろん写真撮影も可能です。

 

京都パワースポット 京都仙洞御所見学ツアーの参加には事前申込が必要ですが、人数に空きがある時間帯であれば入口横にて当日受付もOKだそうです。

その際、身分証明書などが必要になりますので、お忘れのないように♪

    基本情報

    施設名称京都仙洞御所

    公式URL

    紹介動画

    マップ

    Googleマップで開く

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる