MENU
カテゴリー

京都パワースポット【岡﨑神社】都を守るため建てられた、うさぎに出会える岡﨑神社

2020 8/04
京都パワースポット【岡﨑神社】都を守るため建てられた、うさぎに出会える岡﨑神社
目次

【ご利益】水で清めて子授け・安産祈願

京都パワースポットである岡﨑神社。本殿のそばにある手水舎には、お月様を見上げるように立ち上がった子授けうさぎ像があり、水をかけておなかをさすると子授けや安産に恵まれるといわれているそうです。

手水舎の子授けうさぎ

岡﨑神社

狛うさぎがお出迎え

岡﨑神社

【由緒】うさぎがいる神社のひみつ

岡﨑神社は、794年に都が平安京へ移動したとき、都を守るため東西南北に桓武天皇により建立された社のひとつで、卯(うさぎ)の方向である東にあります。

 

また昔、神社を中心に一帯に野うさぎが生息していたことから、うさぎが神様の使いとして信仰されていたそうです。

 

古くは方除け、厄除けの神として信仰されていましたが、祀られている神様が夫婦神とその子供である八柱の神様であること、神様の使いであるうさぎが多産であることから、縁結びや子授け、子育ての神として信仰されるようになったそうです。

本殿前の狛うさぎ

岡﨑神社

【詳細】鳥居をくぐると、うさぎの森が…!

銀閣寺へつづく道の途中、「岡﨑神社前」でバスを降りると森に囲まれた落ち着きのある景色の中に鳥居があります。

 

6月下旬に訪れたので茅の輪をくぐって進むと、辺りがグリーンの景色に変わってゆき、参道と本殿前で阿吽(あうん)の「狛うさぎ」に出会います。

 

口を開いているうさぎがオス、口を閉じているのがメスで、狛うさぎの頭をなでると縁結び、夫婦和合のご利益があるそうです。

 

今にもウインクしそうな人懐っこい表情に、なんだか元気付けられました。

 

参道の狛うさぎは白っぽい色をしており、2010年に翌年のうさぎ年にあわせて宮司さんが奉納されたそうです。

 

子どもでも頭をなでられるように、高さを低く、小さなサイズにされたそうです。

思わず撫でたくなる…

岡﨑神社

京都パワースポット-岡﨑神社のムービー

【おすすめ情報】神社のルーツを感じる自然

岡﨑神社でお参りしたあとに本殿の周りをぐるっと歩くと、石垣の合間からシダが生えていたり、大きな葉っぱの木など様々な緑が育っていて、まるで本当の野うさぎが隠れていそうな雰囲気に包まれていました。

本当の野うさぎにも出会えそう

岡﨑神社

【おすすめアイテム】うさぎおみくじは必見

本殿から振り返って正面をよく見ると、小さなうさぎたちが今にも踊りだしそうなポーズで並んでいました。

 

これは、岡﨑神社で一番人気と言われる「うさぎおみくじ」を引いた参拝者の方が境内に飾って帰られたもので、インスタ映えのスポットになっているそうです。

 

可愛いうさぎたちを画面いっぱいに収めて素敵な写真が撮れますよ♪

可愛いうさぎたちを画面いっぱいに収めよう♪

岡﨑神社

私も飾って帰ろうかな…と一瞬考えましたが、てのひらサイズのうさぎがとにかく可愛くて、とても気に入ったのでバッグのポケットにいれて連れて帰りました。

うさぎおみくじの陶器の質感がうさぎの毛並みのように温かみがあって、飾って大切にしたいと思いました。

他にも、「右肩上がりに飛び上がる」という幸運お守り「飛躍守(ぴょんまもり)」や縁結びのお守り、2色を夫婦で持つ子授け夫婦お守りなど、人生に寄り添ってくれそうなお守りが揃っていました。

【インスタ映えスポット】神社内の至る所に撮影スポットあり!

岡﨑神社にはうさぎおみくじの並ぶスポットのほかにも、提灯や絵馬、本殿の飾り、招きうさぎに親子うさぎなど、境内のさまざまなところにうさぎが見え隠れしていました。

 

狛うさぎのしっぽが見える後ろ姿には、かなり癒されます。

裏表でデザインがちがう提灯

岡﨑神社

【わたしの体験談】ゆったりした気持ちになれる

平安神宮の近くで、銀閣寺へ行く途中の道に、こんなに魅力的な神社があったことを知ってとても驚きました。

 

参拝される方は女性やご夫婦が多く、夕方には親子で鳥居周りをかけっこしている姿もありました。

 

長い歴史の中で、この地域の人々や訪れる人々に愛されている神社だと感じました。

 

親しみやすい優しい雰囲気があったので、疲れていたり癒されたい方も元気が湧いてくると思います♪

 

時間のある1日であれば、岡﨑神社の周りもゆっくり歩いて散策するのも良いと思いました。

隠れうさぎを見つけよう

岡﨑神社

基本情報

施設名称岡﨑神社

公式URL 岡﨑神社へはこちら

紹介動画

マップ

Googleマップで開く

コメント

コメントする

目次
閉じる