MENU
カテゴリー

京都パワースポット【大徳寺】「一休さん」が再興した京都有数の禅宗寺院!

2020 7/30
京都パワースポット【大徳寺】「一休さん」が再興した京都有数の禅宗寺院!

 

目次

【ご利益】枯山水と庭園で非日常を感じて

瑞峯院の枯山水(独坐庭)

大徳寺枯山水

瑞峯院の枯山水(閑眠庭)

大徳寺枯山水

興臨院の枯山水

大徳寺 枯山水

「黄梅院」の枯山水

黄梅院の枯山水

 

京都パワースポット 大徳寺は「瑞峯院」「興臨院」「黄梅院」など、美しい庭園を有している場所が多くあります。

特に枯山水(水を用いず、石の組合せや地形の高低などによって山水の趣を表した庭園)は、非日常を味わえるほど綺麗で整えられており、忙しい日々を忘れさせてくれるような癒やしのパワーをもらえること間違いなし!

 

心身共に疲れた時、大徳寺はオススメです。

出来るなら1日庭園の縁側に座って、枯山水を見て雄大な景色を想像しながらゆっくり過ごしてみたいものです。

【由緒】茶の湯文化も栄えた大徳寺

三門

大徳寺の三門

 

京都市北区にある臨済宗大徳寺派の大本山である京都パワースポットの大徳寺は、京都では有数の規模の禅寺の1つとされています。

かつて応仁の乱で荒廃したのを、一休和尚(一休さん)が再興しました。

また、侘び茶を始めた村田珠光など東山文化(室町時代中期の文化)を担う人達が一休に弟子入りしてから、有名な千利休など多くの茶人が大徳寺と関わりをもつようになったそうです。

【詳細】すべて巡るには特別拝観期間を狙って!

大仙院

大仙院

 

京都パワースポット 大徳寺の中には21もの塔頭(※たっちゅう)がありますが、非公開の場所も多くあり、常時見学できるのは「大仙院」「高桐院」「瑞峯院」「龍源院」の4塔頭のみ。

※コロナや諸事情で拝観休止になっている場合もあります。

 

それ以外は期間限定の特別拝観などで見学できる場所もあるので、時期を調べて是非観に行きたいところ。

千利休が豊臣秀吉を激怒させた原因が京都パワースポット 大徳寺に残っているのも有名。

 

※塔頭(たっちゅう)とは…

禅宗で、高僧の塔(=お墓)がある所。本寺の境内にある小寺のこと

【おすすめ情報】各場所ごとのポイント

「大仙院」入口前の木

大仙院の木

 

幹がデッサンしたいくらい芸術的…!

大徳寺を西側奥に進むと左手に現れる「竹林」

大徳寺の竹林

 

風が吹いた時、竹のしなる音に耳をすませて

「興臨院」庭園

大徳寺庭園

 

大小の葉のバランスがとても美しい◎

「興臨院」庭園

大徳寺庭園

 

素朴な川と木漏れ日でゆるやかな時間が流れる庭

「黄梅院」の入口

黄梅院

 

木のゲートがまるで異世界への入口のよう

「黄梅院」の中

黄梅院

 

廊下の一点透視の美しさ…!!

「黄梅院」の枯山水

黄梅院の庭園

 

昔のタイムスリップしたかのよう

「黄梅院」の庭園

黄梅院の庭園

 

マイナスイオンの宝庫

「黄梅院」の庭園

黄梅院の庭園

 

奥にはどなたをお祀りしているのでしょう?

重要美術品「毘沙門尊天」

黄梅院の是沙門尊天

 

「毘沙門尊天」は織田信長が護身のために携帯していたといわれています(森蘭丸が寄進)

 

このように、京都パワースポット 大徳寺には見所がたっくさんありますので、是非いろんな所を巡ってみてくださいね♪

【おすすめアイテム】歩き疲れた時に最高!お濃茶ソフトクリーム

皐盧庵茶舗

大徳寺の皐盧庵茶舗

お濃茶ソフトクリーム 500円

大徳寺の皐盧庵茶舗の抹茶アイス

 

「皐盧庵茶舗」のお濃茶ソフトクリームです❤

夏の暑い日に京都パワースポット 大徳寺を散策していて「ちょっと歩き疲れたな~」というベストタイミングで見つけたお店です!

抹茶好きな私は即購入しました(笑)

 

濃茶とありますが苦すぎず、苦味と甘さがちょうど良い!

暑さと歩き疲れた体に染み渡る~~!おかげさまで生き返りました♪

 

皐盧庵茶舗さんは宇治茶専門店で、生産から販売・喫茶・お茶の体験までされているようです。お茶の仕上げ・抹茶挽き・袋詰・袋のデザインまでもすべて店内でされているとか!

『良いお茶しか置いていません』とのことで、是非お茶も飲んでいかれてはいかがでしょうか♪

【インスタ映えスポット】「芳春院」の参道

芳春院

芳春院

芳春院の並木道

芳春院

芳春院のお地蔵様

芳春院のお地蔵様

木々のコントラストが美しい

芳春院の青もみじ

芳春院の一期一会

芳春院の一期一会

 

初めて訪れた時、「ここは何処に繋がっているんだろう?」と異世界感を感じるほど、京都パワースポット 大徳寺の中でも静けさと木々の囁きが本当に神秘的な場所でした。

緑と赤のコントラストも美しい…紅葉の時期はもっと綺麗なんでしょうね!

奥にあるお地蔵様も、まるで兄弟に愛らしく寄り添っておられます。

その手前にある一期一会と書かれたところでは、お賽銭も納めることができます。

【わたしの体験談】「黄梅院」御朱印のお言葉

「黄梅院」の御朱印

黄梅院の御朱印

 

私が訪れた時に公開していた京都パワースポット 大徳寺の「黄梅院」では御朱印を頂けたのですが、書いていただいたお言葉と説明がとても素晴らしかったのでご紹介します。

 

———————————————-

『宝船』

この身こそ 親より受けし 宝船

磨き磨きて 光放たむ

———————————————-

 

我が身は親から授かった宝である。

自分の身を大切にし、粗末に扱ったりせず、親に感謝し、その身を磨いていけばいつかそれは宝船となって輝くだろう。

 

という意味だそうです。

 

この時、メンタルが少し弱っていた私には、住職の方の優しいお言葉に思わず泣きそうになってしまいました。

両親には常日頃より感謝をしています。

そして、自分の身も本当に大切にしなければいけないなと改めて感じます。

自分がしんどいのは、自身が思い詰めて余計に自分を苦しめている部分もあると思ったので、もうそういうのは止めようと思いました!

これから「私」を大切に、磨いていきたいと思います。

基本情報

施設名称大徳寺

公式URL

紹介動画

マップ

Googleマップで開く

コメント

コメントする

目次
閉じる