MENU
カテゴリー

【京都熊野神社】なあ!サッカーしようぜ!「熊野神社」

2020 7/30
【京都熊野神社】なあ!サッカーしようぜ!「熊野神社」
目次

【ご利益】幸の「八咫烏」

八咫烏(やたがらす)の提灯

熊野神社

入口付近の様子

熊野神社

 

熊野神社の御神鳥の八咫烏(やたがらす)は、サッカー日本代表のユニホームにも描かれているように、勝利へと導くと言われているヴィクトリーバード。

 

そのわりには神社の名前が「熊(野)」。祀られている神様が「熊野権現」であることから命名されたようですが、ややこしくて「どないなんだが?」と思いました。

 

境内を見渡してみると熊はおらず、至るところにカラス。全面的にカラス推しでした。

 

その他、縁結び、安産祈願、健康長寿、鎮火、厄除があるとして信仰されています。

 

平安時代に修験道(山へ籠もって厳しい修行を行うこと)の「日圓上人(にちえんしょうにん)」が国家守護のため、「熊野大神様こちらへいらっしゃいませ~!!!」と勧請したことに始まるといわれています。

【由緒】「熊野」トリオ

1200年の歴史があるという

熊野神社

 

京都には「熊野」とつく神社が3つあります。

 

1つがナウ現在紹介している「熊野神社」。2つ目が「新熊野神社」(別でブログ記事がありますので是非そちらも読んでみてください)。3つ目が「熊野若王子神社」です。

 

3つ合わせて「京都三熊野」と呼ばれているハッピーセットです。その中でもこちらの熊野は1200年の歴史があるご老人社です。熊野マニアの方は3つとも回ってみると楽しいかもしれませんね。

 

節分の日に「火の用心のお礼」を受ける風習があり、2月2日~3日の2日間開催される節分フェスには多くのピープルが集い、大変賑わうとのことです。

【詳細】羽ばたくご縁

大空を飛んでいるようなデザインの絵馬

熊野神社

 

「八咫烏」で有名な熊野神社。日本神話において、神武天皇を熊野国から大和の橿原まで案内したという逸話があり、熊野権現の神使とされています。

 

世にも奇妙な三本足の烏です。縁結び、安産といったご利益があることでもひそかに人気者。

 

昔から「鳥」は縁起の良い生き物とされています。鳩だってジャパンでは平和のシンボルです。熊野では八咫烏が勝利や赤ちゃんや幸せを運んできてくれるのかもしれません。

 

大忙しです、頑張れ八咫烏。我々の幸せはキミにかかっているんだ、と圧力を飛ばします。過労で倒れないように気をつけて活動してほしいと思います。

京都熊野神社のムービー

 

【おすすめ情報】「八ツ橋」爆誕の地

「ミスター八ツ橋」こと「西尾為治」さんの銅像

熊野神社

 

ここが発祥の地だったんですね

熊野神社

 

突然の八ツ橋登場により動揺を隠せませんでしたが、発祥の地らしいです。

 

こんなに立派な銅像もそびえ立っていますので、見間違いではありません。

 

こちらの銅像は、明治十二年に生まれ、昭和三十七年に永眠するまで八十四年間、八ツ橋発展のために心血を注いできたとされる「ミスター八ツ橋」こと「西尾為治」のもの。

 

京都のおみやと言えば「八ツ橋」。京都の経済を回すお菓子の1つとして有名です。八ツ橋マニアは是非立ち寄ってみてください。

【おすすめアイテム】サッカーボーイズ必見!「サッカーお守り」

目を引くエンブレムデザイン!

熊野神社

 

こちらは、サッカー日本代表ユニホームにもあしらわれている「エンブレム」をそのままお守りにしちゃいました!という、サッカーゴリ押しお守りです。

 

サッカー大好きな男の子も女の子もこれを持てば「長友佑都」や「本田圭佑」になれること間違いなしです。

 

神社の人気商品のようですので是非チェックしてみてください。

【インスタ映えスポット】八咫烏で最先端オシャレを楽しもう

2種類から選べます

熊野神社

 

境内には「八咫烏」の絵馬があります。

 

黒いカラスがズラリと並ぶ様はまるで「まっくろくろすけ出ておいで」とでも言うのでしょうか?カラスの顔を見るとニッコリとしていてなかなか可愛らしいですよ。

【わたしの体験談】街中にあるパワースポット

稲荷大明神の旗

熊野神社

どっしり構える鳥居

熊野神社

笑顔が素敵な狛犬

熊野神社

この神社ならではの八咫烏デザイン御朱印帳!

熊野神社

 

熊野神社は京都大学のすぐ近くにあり、人が行き通う場所に堂々と建っている神社です。

 

境内には稲荷大明神や春日大神などのミニチュア版みたいな社もありました。カラスグッズも豊富ですよ。

基本情報

施設名称京都熊野神社

公式URL

紹介動画

マップ

Googleマップで開く

コメント

コメントする

目次
閉じる