MENU
カテゴリー

京都パワースポット【東本願寺】そうだ、お東さんへ行こう

2020 8/04
京都パワースポット【東本願寺】そうだ、お東さんへ行こう

京都パワースポットー東本願寺のムービー

目次

【ご利益】他とは違う、「ご利益」の考え方

御利益の代表的なものは、合格祈願、無病息災、商売繁盛など自分にとって得になることですが、これらは結果がよくなることをお願いしています。

親鸞聖人が明らかにされた御利益は結果の「果」を期待する御利益ではなく、原因の「因」をいただく御利益だと思われます。

東本願寺のご利益の考え方が他とは少し違っていて、勉強になりました。

東本願寺-手水舎の龍

東本願寺-手水舎の龍

【由緒】親鸞聖人ゆかりの地

京都パワースポットの東本願寺は、正式名称「真宗本廟(しんしゅうほんびょう)」といい、「お東さん」とも呼ばれています。

親鸞聖人の亡き後、聖人を慕う多くの人々によって聖人の墳墓の地に御真影を安置する廟堂が建てられました。

これが東本願寺の始まりです。

東本願寺-御影堂門の天井

東本願寺-御影堂門

【詳細】世界最大級の木造建築

東本願寺は外からも「でかー!」と声に出るような雰囲気なのですが、
門をくぐると、さらにその大きさと広さに圧倒されます。

まずはお堂周辺を歩き、景色を楽しみました。
御影堂(ごえいどう)と阿弥陀堂にあがる際、下足袋が置いてあるので、それに靴を入れてあがります。
御影堂には宗祖・親鸞聖人の御真影を、阿弥陀堂にはご本尊の阿弥陀如来を安置しています。
12時頃にお堂が2つとも開扉して、中を見ることができ、しばらくその空間に身をおきました。
御影堂は高さ38m、奥行き58m、幅76m、畳はなんと927枚。
世界最大級の木造建築とされています。
とても壮大な雰囲気があり、穏やかな気持ちになれます。

※本堂は撮影禁止でした。

東本願寺-御影堂

東本願寺-御影堂

東本願寺-阿弥陀堂

東本願寺-阿弥陀堂

【おすすめ情報】スタンプをためると…?

「御朱印はどこで…」と同じような疑問を持っている方が何人かいらっしゃいました。
東本願寺には御朱印や御守りはありませんが記念スタンプを押すことができます。
お参りした記念に押してみました。
スタンプラリーもやっていて、全部ためるとガチャガチャを回せるようです。(やってみたかった…)

東本願寺-記念スタンプ

東本願寺-記念スタンプ

【わたしの体験談】静謐なひとときを求めて

京都パワースポットである東本願寺。
京都駅から歩いて10分もかからない街中に急に現れます。駅近すぎて驚き。
前を通り過ぎようとしたところ、引き寄せられ…京都に住んでいながら初めて訪れました。

ご利益についてもう一度考えてみると「深い〜〜」。良い結果のみをお願いしがちですが、それに対しての努力や自分自身に目を向けることっていくつあっただろうか、と。
自分と向き合う時間を持たないといけないな、と考えさせられました。

ここ、東本願寺はそんな時にパワーを降り注いでもらえる、素敵なところでした。

東本願寺-御影堂門

東本願寺-御影堂門

基本情報

施設名称東本願寺

公式URL 東本願寺へはこちら

紹介動画

マップ

Googleマップで開く

コメント

コメントする

目次
閉じる