MENU
カテゴリー

京都パワースポット【誓願寺】和泉式部が48日間、一心に念仏を唱え続けた―女人往生のお寺

2020 8/04
京都パワースポット【誓願寺】和泉式部が48日間、一心に念仏を唱え続けた―女人往生のお寺

京都パワースポット-誓願寺のムービー

目次

【ご利益】落語発祥地である誓願寺

京都パワースポットの総本山誓願寺は、心願成就の他、女性たちから信仰をあつめているということもあって恋愛成就にご利益があります。

もう一つは芸道上達。

世阿弥の作と伝えられている謡曲「誓願寺」の中で、和泉式部が歌舞の菩薩となって現れることから舞踊家の間で式部信仰が生まれ、能楽や芸能の人々からの信仰があつくなりました。このことが「扇塚」に芸道上達を祈願して扇子を奉納することにつながります。

そして当時の住職で、「落語の祖」と呼ばれた策伝上人(さくでんしょうにん)も扇子との絆があることを象徴しています。

「醒睡笑(せいすいしょう)八巻」という書物にはオチのある笑い話が千余りあるそうですが、どれだけ文才があるのでしょうね。尊敬します…!

誓願寺-扇塚

誓願寺-扇塚

【由緒】清少納言和泉式部ゆかりの寺

近くにある「誠心院」とともに、「誓願寺」も和泉式部ゆかりのお寺。

飛鳥時代、天智天皇の勅願により創建されました。

清少納言・和泉式部・秀吉の側室である松の丸殿といった女性たちから信仰をあつめたことにより、「女人往生の寺」と称されています。

京都パワースポットの総本山誓願寺は戦乱等の影響により、これまで10回の火災に遭い、焼失と再建を繰り返してきました。

現在の本堂は1964年に建てられたものです。

誓願寺-由緒書き

誓願寺-由緒書き

【詳細】迷子のみちしるべ

京都パワースポットの総本山誓願寺の門の外にある石柱。1882年に建てられました。

正面には「迷子みちしるべ」、右側に「教しゆる方」、左側に「さがす方」と彫ってあります。

まだ警察がなかった江戸末期~明治中期は迷子が深刻な社会問題となったため、各地の社寺に石柱が建てられたそうです。

迷子や落とし物等をした時に、この石に紙を貼って情報交換をしていました。

月下氷人(仲人)役の石ということから、別名「奇縁氷人石(きえんひょうじんせき)」とも呼ばれています。

誓願寺-誓願寺の石柱

誓願寺-誓願寺の石柱

 

【おすすめアイテム】ご本尊「阿弥陀如来」の御朱印

京都市内の阿弥陀如来像を祀る6つの霊場をめぐる、洛陽六阿弥陀巡拝(らくようろくあみだめぐり)の6番目である京都パワースポット総本山誓願寺。

他にも、観音菩薩をまつる京都市33ヶ所めぐりや法然上人ゆかりの寺院25ヶ所を巡るものもあり、それぞれ御朱印が違うようです。

電話が置いてあるので、授与品をいただく際には要件を伝えると対応してくれます。

流れるように綺麗に書かれた文字にうっとりです。

誓願寺-御朱印

誓願寺-御朱印

【インスタ映えスポット】ゴージャスな天蓋に注目!

京都パワースポット総本山誓願寺の本堂の天蓋(天井から吊るされている飾り)がキラッキラに輝いています。

ぜひ天井を見上げてみてください。

誓願寺-天蓋

誓願寺-天蓋

【わたしの体験談】目ヂカラ強すぎ阿弥陀如来

京都パワースポットの総本山誓願寺の本堂に入った瞬間、空気が違うなという感じ!

ここでゆっくり過ごしたいと誰もが思うであろう空間でした。

阿弥陀如来像はかなり大きく、目ヂカラにドキッとします。全て見透かされそう…。

それでもどこか優しい雰囲気に包まれるので、心が疲れた時、本堂に入るだけでも癒されると思います。

何も考えずに1日を過ごすのもたまにはアリですよ。阿弥陀如来様がそっと寄り添ってくれます。

誓願寺-阿弥陀如来

誓願寺-阿弥陀如来

基本情報

施設名称誓願寺

公式URL 誓願寺へはこちら

紹介動画

マップ

Googleマップで開く

コメント

コメントする

目次
閉じる